お家づくり

【口コミ体験談】R+ハウスで建築家と注文住宅を建てるメリット・デメリット

R+ハウスは評判通り?建築家と新居を建築!メリットデメリットを紹介します

この記事では、R+ハウスで新築を建設中のわが家が、実際R+ハウスに決めた理由、R+ハウスのメリットデメリットをまとめています。

家を建てるときの業者選びは大きな選択ですよね。

ハウスメーカーにしようか、それとも地域の工務店、はたまた大工さんに直接頼もうか、どこに依頼するかで実際建てる家の雰囲気や費用が大きく変わってきます。

わが家は、色々悩んだ末に建築家と家づくりができるR+ハウスとパートナー契約をしている地域の工務店に新居を建ててもらうことにしました。

「建築家の先生に設計をお願いした」というと聞く人によってはなんだかすこし仰々しいと感じるかもしれませんが、わたしはR+ハウスと地域の工務店に頼んで良かったなぁと思っています。

実際R+ハウスで新居を建ててみて感じるメリットやデメリットを紹介しますので、もしR+ハウスが気になっていたら読んでみてくださいね。

この記事は、こんな人の参考になります!

  • R+ハウスってどんな会社か知りたい
  • R+ハウスで家を建てるメリット・デメリットが気になる
  • R+ハウスの口コミを知りたい

R+ハウスとはどんな会社?ハウスメーカーなの?

出典:R+ハウス

R+ハウスとは、ハイアスアンドカンパニー株式会社という上場企業の住宅関連サービス・商品の名称です。

R+ハウスの大きな特徴はこの2つ。

  1. 建築家との家づくり
  2. 高水準品質(機能性・コストパフォーマンス・アフターサポート)の提供

ときどき、R+ハウスのことを、ハウスメーカーと呼んでいる口コミサイトを見かけます。

けれども、隅々まで公式ウェブサイトを読んでも自社のことをハウスメーカーとうたっていませんし、実際に家を建ててもらっていてもハウスメーカーという印象はありません。

なぜなら、施主が実際家を建ててもらうのは、あくまで工務店(R+では店舗と呼びます)ですし、施主側がR+の営業などとコンタクトを取ることはありません。

R+ハウスは、工務店を通して施主に建築家を紹介し、工務店が高品質な家づくりができるようにサポートや品質の保証を行っています。

ちなみに、建築家と設計士の違いはこちら。

建築家と設計士の違い

建築家 → 設計士の免許を持っており、独立して事務所を構えている人

設計士 → 設計士の免許を持っており、
      ハウスメーカーや工務店につとめている人。

実は、大きな違いありません。

わが家がR+ハウスで建てようと思った理由は?

お家の写真

わが家の場合、
当初はR+ハウスで家を建てようとは思っていませんでした。

家づくりを始めて様々なハウスメーカーや工務店を見ていく中で、住んでいる市内にすごく好みな家を作る工務店があったので、その工務店に新居をお願いすることに決めました。

そこの工務店が、たまたまR+ハウスのパートナー契約をしている工務店だったんです。

今まではその工務店の自社設計でも新築を建てていましたが、これからはR+ハウスとしての家づくりを中心にして進めていきたいという舵取りのタイミングでした。

その工務店設計の家の雰囲気が好きだったので、正直R+ハウスにお願いする意味があるのかなぁと半ば乗り気ではありませんでした。

けれども、建築家にお願いすれば今までにない面白いアイデアが出てくるのかもしれないという期待もあって、結局R+ハウスにお願いすることにしました。

次に、R+ハウスで建ててみて感じるメリットと微妙な点を紹介します。

R+ハウスで建てるメリットと少し微妙ところ

R+ハウスで建てるメリット

面白いアイディアを出してくれる建築家と家作りができる

建築のスケッチイメージ

R+ハウス最大の特徴でありメリットは、建築家と家づくりができるということ。

「建築家の建てる家っておしゃれでかっこいいイメージ。少し話を聞いてみたいけど、直接連絡しづらいし、会ってみて、あまり合わなかったら断りにくい…」

そう思っていませんか?

そんな、「気になるけど声をかけづらい」存在の建築家。

R+ハウスは、全国の建築家との橋渡しの役割をしてくれ、家族の形にフィットしなおかつデザイン性も高い住宅を提供してくれます。

わが家の設計をしてくれた建築家は、わたしたち家族の好みをとらえたうえで、土地を十二分に有効活用し、夢が広がる間取りを描いてくれました。

R+ハウスに決める以前、パートナー契約をしている工務店を含め、わが家は複数の会社で間取りを書いてもらっていました。

けれども、R+ハウスの建築家から出てきた設計が、抜群に大胆で面白く、自分たちのこれからの明るい暮らしが想像できる土地の使い方や間取りだったので即OKでした。

まきもあ
まきもあ
わが家は男の子が3人いるけど、この家なら彼らの満足度も高そう!

もちろん、建築家が設計した家を「そのままOKしなければならない」ということはありません。

初めに設計してくれた土地の使い方や間取りを見てから、施主側の要望を追加や変更しても大丈夫です。

まきもあ
まきもあ
わたしたちも細かいところはたくさん変更してもらったよ!

万が一、建築家との相性が良くない場合は、間取りを見てからでも、工務店を通してキャンセルも可能です。

ただし建築家との打ち合わせに入る前、わが家の場合は契約金10万円が必要でした(キャンセル時でも返金無し)

60年の保証が受けられる

R+ハウスのアフターメンテナンスサポート
出典:R+ハウス

ハウスメーカー・工務店は20年や30年が多く、60年間保証を継続してくれるメーカーは多くはありません。

特にわたしは、木造なのでシロアリが気になっていましたが、5年ごとに保証があると聞いて安心しました。

アフターメンテナンスというのは、見た目や性能と違い、普段住んでいても良さが分からないところ。

「何かあったとき」に必要なことのなので、おろそかにしてしまいがちですよね。

あってほしくないことですが、万が一工事を依頼した工務店が倒産した場合でもR+ハウスが住宅の完成まで責任をもって対応してくれます。

まきもあ
まきもあ
建築家設計でデザイン性が高いだけじゃなくて、
アフター保証も充実しているのはすごく魅力的

高性能な住宅が建てられる

誰しも夏は涼しく、冬暖かい家に住みたいですよね。

R+ハウスは、「高断熱・高気密」という機能性が高い住宅を提供しており、断熱・気密ともに日本の標準や目標を大きくクリアした数値を出しています。

断熱に関する数値 → Q値・UA値(高いほど熱が逃げにくい家)

気密に関する数値 → C値(小さいほど気密が取れている家)

R+ハウスの数値はこちら。

左の表がQ値・UA値の地域別の日本の省エネ基準との比較。

右の表がC値の省エネ基準との比較です。

Q値・UA値とC値の説明
出典:R+ハウス

R+ハウスの一例の数値だけ見ても、私が住む6地域(東海地方)の数値を大幅にクリアしているのが分かります。

まきもあ
まきもあ
工務店が建てる家だと、一見高性能を求めにくい感じだけど、R+ハウスなら安心

R+ハウスで新築注文住宅を建て、少し微妙だなぁと思ったところ

R+ハウスが仲介に入るため設計料が少し高い

お金の写真

建築家に頼むのですから、あたりまえに設計料がかかります。

工務店に頼むよりは少し割高と言えますが、びっくりするほど高くはありません。

しかし、よくよく考えれば、R+ハウスが仲介している分少し割増の設計料にはなると思います。

建築家(R+ハウス)に払う金額としては、わが家の場合だいたい100万円でした。

建築家とは3回の打ち合わせのみ。詳細は工務店と詰める

打ち合わせのイメージ写真

建築家が店舗(工務店)に来てくれ打ち合わせをするのは、2週間ごとに合計3回です。

実際、打ち合わせをしてみて少しタイトなスケジュールだと感じました。

しかし、仕事や子育てで忙しい人たちにとっては、打ち合わせに何度も足を運ばなくてよいので、良いですよね。

まきもあ
まきもあ
決めなければいけないことは、自宅に持ち帰り考えればいいよね。

また、3回目の建築家との打ち合わせ終了までに、外壁などの仮決定もする必要があるようでした。

しかし、詳細を詰めたり本決定するのは、後日工務店との打ち合わせだったので、二度手間になっているような感じもしました。

建築家との追加の打ち合わせも金額上乗せで可能です。

ルール上、建築家を選ぶことができない

R+ハウスには数十人の建築家が登録されており、どの建築家になるか指定はできません。

自分たちの家はこうしたい!というイメージを持っていたら、そのイメージの設計が上手な建築家に頼みたいですよね。

けれども、R+ハウスとしては建築家のクオリティは一定以上の人たちばかりということで、建築家を選ぶことはできないルール。

ただ、お家を建てるエリアの工務店によっては、かならずしもそうでない場合も。

詳しくは、別途R+ハウスのパートナー工務店についての記事を書きますので、そちらをご覧ください。

R+ハウスで家づくりをする前にやっておくべきこと

芸術的な家のイメージ

家づくりをするうえで大切なのは、施主側が「どのような家」を建てたいかというイメージや希望をはっきり持つことです。

まきもあ
まきもあ
わたしは建築家との打ち合わせの時に、ネットから画像を集めプリントアウトし、コメントを付けて持って行ったよ!

自分たちの希望がなければ、はじめから出来上がっている建売住宅を買えばいいと思いませんか?

しかし、いきなり「どんな家」と言われても、答えるのに困ってしまいますよね。

タウンライフなら、間取りのプランを無料で作成してもらえるので、その間取りをもとに「もっとこうしたい」「ここは、こんなふうにしたい」など、「自分たちらしい家」や間取りを考えることができます。

まきもあ
まきもあ
ゼロから考えるより、たたき台があった方が断然進めやすいし分かりやすいよね!

また、家づくりのための資金相談にも乗ってもらえるので、自分たちはどれくらいの家を建てることができるのかという視点から、家づくりを考えることもできますよ。

R+ハウスの家づくりに興味が出てきた方は無料勉強会へ!

デスクのイメージ

R+ハウスは、全国で無料の勉強会を開催しています。

この相談会にも参加してきましたので、体験レポートも別途紹介します。

R+ハウスの宣伝はほぼなく、客観的なデータの基づいた勉強会だったので好印象でした。

まきもあ
まきもあ
正直、プレゼントのスタバのチケットが嬉しい

さぁR+ハウスで家づくりを楽しもう

R+ハウスのメリットとデメリットをまとめます。

R+ハウスのメリット

  1. 建築家と家づくりをすることができる
  2. 60年のあんしん保証
  3. 高性能住宅

R+ハウスのデメリット

  1. 設計料が少し高い
  2. 建築家との打ち合わせは原則3回
  3. 建築家を選ぶことはできないルール

建築家との3回の打ち合わせを終えた私たちとしては、デメリットはそんなに気になりませんでした。

なぜなら、下の理由があります。

R+ハウスのデメリットが気にならない理由

  1. 設計料は発生して当たり前。どこで建ててもかかる料金
  2. 長々打合せするより、3回に集中しコンパクトに打ち合わせできた
  3. 施主は建築家は選べないが間に入る工務店がカギとなる

3つのデメリットは、R+ハウスに決定する前にはネックに思っていたけど、実際R+ハウスに決めて打ち合わせが始まったら、そんなに気になることなく建築家との打ち合わせが終了しました。

そんなこんなで、R+ハウスで建てている私たちの家は、もうすぐ地鎮祭です。
(2019年11月現在)

R+ハウスの家づくりが気になっている皆さんの参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
まきもあ
まきもあ
このブログでは、こんな記事を書いています ☆子育て情報(子どもと暮らす/お出かけ情報) ☆子ども英語(DWE/英語グッズ/おうち英語のコツ) ☆大人英語(TOEIC900までの道/) ☆お金(日本株/IPO投資/オフショア投資) ☆お家(注文住宅/間取り/自然素材の家) ☆ナチュラルライフ(無添加/オーガニックグッズ)