英語

【ディズニー英語】「わくわく英語体験」てなにするの?実体験レポートと気を付けたほうが良いこと!

ディズニー英語システム(DWE)には、教材を無料でお試しできる「わくわく英語体験」というものがあります。

わくわく英語体験では、DWEの営業さん(アドバイザー)から、直接教材の説明を聞いたり、実際の教材を手に取って使うことができるんです。

この記事では、わたし自身経験したわくわく英語体験の内容、その感想と体験を踏まえて気を付けたほうが良いポイントを紹介します。

ディズニー英語システムの公式ウェブサイトこちら

\無料サンプルはこちらから/

この記事は、こんな方たちの参考になれば嬉しいです!

  • わくわく英語体験をする方法を知りたい人
  • わくわく英語体験で何をするか知りたい人
  • 営業されるかどうか不安な人

どうしたら「わくわく英語体験」ができる?

まず、わくわく英語体験を申込む方法としては、以下の方法があります。

  1. 無料サンプルを受け取った後にDWEから連絡が来て、わくわく英語体験の申し込み
  2. ワールドファミリーのウェブサイトから、直接わくわく英語体験の申し込み
  3. ショッピングセンターなどのイベントブースにいるDWEスタッフに声を掛けられ、わくわく英語体験の申し込み

一般的には、1の無料サンプルを受け取ったあと、もっとDWEについて知りたいという方向けにアドバイザーの自宅訪問という形でわくわく英語体験する人が多いでしょう。

2のように、直接ワールドファミリーのウェブサイトから、わくわく英語体験に申し込むこともできます。

これは、無料サンプルを申し込む必要がなく、本物の教材を実際に見たいという方におすすめです。

ただ、サンプルと言っても実際の教材で使われている映像や音楽なので、もらっておいて損は無しですよ!

わたしは、3のケースで、たまたま最寄りのショッピングセンターに行ったら、DWEのアンケートをお願いされ、サンプルをもらう前にわくわく無料体験を申し込むという流れでした。

まきもあ
まきもあ
事前にサンプルくらい見ておけばDWEのことが少しは分かった上でわくわく英語体験ができたかも

「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!
 

わくわく英語体験を行う場所

わくわく英語体験は、この3つの場所のどちらかで行うことができます。

  1. 自宅
  2. ワールド・ファミリー・スクエア
  3. イングリッシュ・ラーニング・センター

1の自宅に、アドバイザーさんが来てくれるのがもっとも一般的な形です。

子どもがいると、家に来てもらうのが移動しなくて良いのでラクですね。(片づけしなきゃ!となりますが…)

わたしも、自宅にアドバイザーさんが来てくれました。

2のワールド・ファミリー・スクエアは、新宿にあるDWE会員向けのコミュニティスペース。

会員向けには先生たちと一緒に遊べるレッスンなども行われていますが、こちらでもわくわく英語体験ができます。

ワールド・ファミリー・スクエアや日本各地のイングリッシュ・ラーニング・センターでわくわく英語体験をしたい方はこちらから予約しましょう

わくわく英語体験の内容

わくわく英語体験は、アドバイザーさんが実際のDWE教材を持ってきてくれ、親子で見て触って、遊んで体験できるというものです。

わが家が行ったわくわく英語体験の流れを紹介します。

DWEメソッドを含む英語教育についてのお話

まず初めに、こどものシナプスの話や、英語耳の話、英語を身につけるには2000時間が必要など、早期英語教育をポジティブにとらえる内容の話を一通りしてくれます。

わくわく英語体験のメイン!実際の教材を使ってみる

アドバイザーが重そうな黒いバッグでDWEの教材を持ってきてくれました。

そのバッグを開けると、中からDWE教材の数々が!

出典:ディズニー英語システム
アドバイザーは、この一部を持ってきてくれます

主に見せてもらったのは、絵本とトークアロングカードでした。

絵本では、その内容やそれがDVDやCDとと同じストーリーが入っていること、トークアロングカードでは、数通りの文章で英語が流れることなどをお話してくれました。

そして、その時生後6か月だった息子の反応は…正直全く興味を示しませんでした…

しかし、DWEに圧倒され、引き込まれたのは、むしろ親であるわたしの方でした。

DWEは本当によくできている教材なので、たいていの親は、英語に興味があるかないかに関わらず、教材の構造や仕組みに圧倒されると思います。

教材自体のボリュームの多さに加えて、アドバイザーの話を聞いていくと、ブック(英語の絵本)やトークアロングカード(機械に通すと数通りの英語音声が出るフラッシュカードのようなもの)が、レベル別で連携しているそう。

もちろん、TACのプレイメイト(カードの読み取り機)やミッキーのマジックペン(本に押して発音してくれるペン)など子どもの興味を引くように作られています。

教材全体に非常に一体感があり、少し見ただけで、「これをマスターすれば、かなりの英語力が身につくだろうなぁ」と親は思ってしまいます!

DWEユーザーのママであるアドバイザーの経験談

わが家の担当アドバイザーは、DWE卒業生のママさんでしたので、子どもがDWEを使っていた時のことを話してくれましたので、彼女の話にはすごく説得力がありました

子どもがDWEのおもちゃで遊んでいたり、生き生きした表情でイベントに参加している写真を見せ、楽しそうにDWEの話をしてくれました。

わたしの購入の決め手となったのは、彼女の話の中で、卒業式というイベントがあり、子どもが自分の夢についてステージの上で英語で話す機会があるということでした。

まきもあ
まきもあ
自分の子どもにもそんなチャンスを与えてあげたい!

英語を身につけるというより、英語で発信することまで考えられているDWEに共感し、わたしは密かにDWE購入を決意しました。

ディズニー英語システムの営業方法は強引かどうか

さいごに、購入するかどうかというところまで話が来ました。

わが家に来たアドバイザーさんの場合、営業方法はまったく強引ではありませんでした。

むしろ、DWEのお値段もこちらが聞くまで、アドバイザーさんのほうから言ってこないくらいでした。

(今思うと、それが戦略かもしれませんね…)

アドバイザーさんは「すごく良い教材なので、購入したほうが良いですよ!」という言い方は全くせず、アドバイザー自身の経験(子どもが楽しそうに教材を使っていたり、卒業式に出席して感動した)ということを熱心にお話してくれました。

まきもあ
まきもあ
嫌なプレッシャーのようなものはまったく感じなかった!

ディズニー英語教材の使い方を詳しく教えてくれるか

たまたまわくわく英語体験を行うことになったわたしは、ディズニー英語システム予備知識はまったくありませんでした。

なので、正直教材の使い方をわくわく英語体験で教えてほしかったのですが、教材のどれとどれををいつ、どれくらい使いましょうという具体的な言い方はしてもらえませんでした。

ざっくりと、「どれでも良いので、かけ流しすればいいですよ。」という感じでした。

アドバイザーさんとしても、購入したときは、「高い教材なので元を取らなきゃ!」と思い、一生懸命かけ流ししていたという話をしていたので、その時は、わたしはそれで納得して、子どもが小さいうちはただ聞き流しでよいのだと理解しました。

ディズニー英語システム購入の決断

わが家は、わくわく英語体験の場でディズニー英語システムを購入する、しないの決断は控えました。

理由としては、わくわく英語体験に参加したのはわたしと子どもだけで、パパがいなかったからです。

アドバイザーから一週間の猶予をもらって、夫婦で検討することにしました。

子どもの可能性や将来どうなってもらいたいかという、言ってしまえば親の希望などもよく話し合い、結論として購入することにしました。

これはラッキーなだけかもしれませんが、わくわく英語体験から数日後に電話で購入の意思を伝えると、なんと嬉しいことに、本当は体験当日限りの購入特典だったものも、特別につけてくれました

まきもあ
まきもあ
購入の返事は、必ずしも当日じゃなくてもよさそう…

わくわく英語体験で気を付けたほうが良いこと

わくわく英語体験を始める前に、気を付けたほうが良いなぁと思うポイントがあります。

それは、わくわく英語体験をする前にディズニー英語システムについて、値段や教材の内容など少しでも知っておいた方が良いということです。

特に、わたしのように予備知識なしで、たまたま通りかかりのイベントブースでディズニー英語システムに出会い、そのままわくわく英語体験をした人の中には、購入後こんなつもりじゃなかったのに!と思う方もいるかもしれません。

なので、わくわく英語体験を行う人は、できるだけインターネットなどでディズニー英語システムのことを事前によく調べておくことをおすすめします。

そして、わくわく英語体験の目的(教材の使い方を確認したり、教材全体のボリュームを見たりなど)をはっきり持って、当日を迎えましょうね!

まきもあ
まきもあ
計画的ではなくDWEを購入したわたしは、子どもと楽しんで使っているので購入してよかったよ!

【結論】ディズニー英語システムのわくわく英語体験は…

わくわく英語体験は、ディズニー英語システムの教材の魅力や良い部分がよくわかる内容です。

そして、同時に大人が引き込まれる内容だと思います。

わたしが参加したディズニー英語システムのわくわく英語体験は下のような流れでした。

わくわく英語体験

イベントブースでわくわく英語体験の予約

自宅でのわくわく英語体験当日

  1. 英語教育についての話
  2. DWEの教材を使ってみる
  3. アドバイザーの体験談 など

↓ 2,3日後

購入

もし、わくわく英語体験するかどうか迷っているようでしたら、体験するだけでしたら無料なので、余裕をもって色々調べてから体験してみてはいかがでしょうか。

そして私のようにサンプル映像を見たことがない人がいたら、事前にサンプルを見ることをおすすめします!

まきもあ
まきもあ
事前にサンプルを見たほうが、どんな教材なのかわかるのでわくわく英語体験も充実しますよ!

 

\わくわく英語体験の前に、ディズニーの英語システム無料サンプルはこちらから/

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ABOUT ME
まきもあ
まきもあ
このブログでは、こんな記事を書いています ☆子育て情報(子どもと暮らす/お出かけ情報) ☆子ども英語(DWE/英語グッズ/おうち英語のコツ) ☆大人英語(TOEIC900までの道/) ☆お金(日本株/IPO投資/オフショア投資) ☆お家(注文住宅/間取り/自然素材の家) ☆ナチュラルライフ(無添加/オーガニックグッズ)