Mama and kids

【3人育児】良かったこと・大変だったこと ~5歳・2歳・胎児編~

今の状況

私は現在臨月の妊婦です。

子どもは、5歳の長男と2歳の次男がいます。
(二人とも日中は保育園です。)

来月第三子を出産するにあたり、
5歳・2歳・胎児がいる今の良い点・大変な点を紹介したいと思います。

「子ども3人ほしいかも」

「子どもが2人いて、妊娠するってどんな感じ?」

と思っている方の参考になれば幸いです。

子ども3人(2人+胎児)いて良かった点

・上の子たちが赤ちゃんだったころのことを思い出せる

今は、時に腹立たしい上の子たちですが、
「こんな頃があったんだよ」と、
エコー写真を見せながら話ができます。
子どもたちも、その写真をよーく見て、
何かを思い出したり考えているような表情をします。

・上の子どもが、赤ちゃんを楽しみにしてくれる

1人目の出産のときは、パパママだけの喜びの共有でした。
2人目の出産のときは、長男の不安が増すばかりでした。
3人目の出産の今、上の子二人は少しは気持ちに余裕があるのか、
「(長男)弟が二人になる」、「(次男)にいにになる」と言って、
家族の一員が増えることを、皆でよろこびあうことができます。

・ママのルックスに気を使わなくてよくなる

子どもが1人、2人のときよりも、
服装に気を使わなくていい、という気になってきます。
実際、世間の目がそんなに気にならなくなります。
「3人目の妊婦は、服装にこだわっている余裕はないんだろうな」
という、「情状酌量の余地あり」みたいな視線を受けながら、
スーパーで買い物します。

・足がつらない

妊婦によくあることですが、
1,2人目の妊娠時は、毎晩足がつって夜中に叫んで起きていました。
しかし、3人目の妊娠中は、ほぼ足がつりません。
(1度だけです)
おそらく、毎日上の子たちと動いていて、
運動不足にならないのが良いのだと思います。

子ども3人いて大変だった点

長男の赤ちゃん返り

 我が家の場合、長男が甘えん坊なので、
時折、赤ちゃん返りでかんしゃくの頻度が上がり、
臨月でも17kgを抱っこする必要があります。
めちゃめちゃ重いです。

・次男のイヤイヤ

 2歳の次男も、赤ちゃんが生まれることに
喜びを感じる一方、
不安が大きくなってきたようで、急遽イヤイヤ期に突入。
長男と共に、二人を一度に抱っこする時があります。
(合計約30kg)

・お腹への攻撃

 ママのお腹(胎児)は、
上の子たちに日常的に蹴ったり踏んだりされます。
それに応戦するかのように、
胎児は、ママのお腹をものすごい勢いで蹴ってきます。
ママのお腹そのものが一番ダメージです。

・妊婦のマイナートラブルの増加

 3人目の出産ともなると、
体の変化や加齢、何より上の子の世話で体に負担がかかります。
なので、私の場合、3人目の妊娠時に限り腰痛がひどかったです。

・風邪ウイルスをもらいやすい

 上の子が保育園に行っているので、
風邪やらウイルスを、バンバンもらってきます。
妊娠中は免疫力が低下しているので、すぐ感染します。
薬に頼る際は、必ずかかりつけの産婦人科に相談しましょう。

まとめ

大変なことのほうが、多いように思えますね…笑

でも、
我が子たちが、大きなママのお腹を撫でて、
「赤ちゃんいるね」「動くね」と
仲良く話している様子を見られるのは、3人以上を産むママの特権。

本当に愛おしい瞬間です。
(その直後にケンカが始まったりしますが…)

これから、出産が済めば
赤ちゃんも含め、子ども3人との生活が始まります。

きっとその時はその時で、
今とは違ううれしいこと、大変なことを感じているでしょう。

その話は、またその時が来たら、書きたいと思います。

3人目の妊娠中のパパへ

ママの妊娠も3回目ともなると、
パパにとって慣れたことが多いかもしれません。

ですが、お腹にいる赤ちゃんは、みんなそれぞれ違う人間です。

それと同じように、妊娠中の体調も、出産も、違います。

もしかしたら、3回目の出産だからこそ
ママが不安に思うことがあるかもしれません。

そんな時は、パパの出番です。
初めの出産を思い出して、ママに寄り添ってあげると
きっと何より心強いと思いますよ。

ABOUT ME
まきもあ
まきもあ
英語とお金を愛する3児ママ(育休中)。オンライン英会話の受講を随時検討中。実はTOEIC900超、小学校英語指導者資格あり。DWEやってます。