Mama and kids

布おむつってどう? 布おむつの メリット・デメリット教えます!

この記事では、布おむつのメリット、デメリットを紹介しています。

皆さん、布おむつって知っていますか?

聞いたことあるけど、実際どうなの?

雑誌では見て気になっているけど、周りに使っているママいないなー

そんなママたちに、2人の子どもに布おむつを使用した(3人目に使用中)経験をもとに、メリット、デメリットを紹介します!

参考にしてもらえればうれしいです。

布おむつを使うきっかけと使ってみた感想

わたしの場合、布おむつ一式が実家からの出産祝いでした。

今思えば、本当に良いものをもらったなぁとしみじみ思っています。

ママ(自分)の性格もありますが、わたしは

洗濯は嫌いではない(部屋の片付けは大の苦手ですが…)

大切ではないものにお金をかけたくない(紙おむつは高い!)

というタイプ。

(布おむつを使っているママたちが全員こういう性格というわけではないです!w)

じぶんの子どもへの布おむつ使用歴

布おむつを使っていたのは、長男も次男もそれぞれ0歳~1歳6か月まで。

合計で3年間の布おむつライフでした。

使い終わりが1歳6か月までなのは、私が育休から職場復帰したからです。

その後、保育園は紙おむつの園だったので布おむつはほぼ使わなくなりました。

現在0歳の赤ちゃんが、兄たちの使用した布おむつを使っています。

布おむつを使うメリット

ゴミが少ない

ゴミの量が激減します。

現在わが家には、5歳の長男、2歳の次男、0歳の赤ちゃんがいます。

もし、0歳赤ちゃんに紙おむつを使うと、週2回のごみ収集日に、中サイズ(45L)ゴミ袋を2つずつ出さなくてはならなくなります。

週に4袋分もゴミを出すなんて!!

一方、0歳児の赤ちゃんを布おむつで過ごした場合、ごみ袋1枚ずつで何とか収まります。

重いゴミ出しが軽くなる+ごみが減り環境にも良い

自分のゴミ出し労働が減るのは、とっても嬉しいですね!

おむつ外れが早くなる場合がある

正直、自分の経験からは、布おむつを使用した赤ちゃん全員がおむつ外れが早くなるとは言えません。(すいません!)

しかし、実際、長男は比較的早くおむつが外れ、1歳6か月ほどになると自分から「しーし」と教えてトイレで用を足すことができました。(もちろん時々失敗もしました!)

一方、同じように同じ期間布おむつで育てた次男は、2歳6か月の今でもトイレに行くのも苦手。

家でも保育園でもなかなかトイレに行ってもくれません。

なんでこんなに違うのか、母として不思議。

ただ、間違いなく言えるのは、布おむつは濡れた=気持ちが悪い」ということを赤ちゃんが感じるチャンスです。

もちろん紙おむつのほうがいつもサラサラしていて快適かもしれませんが、その「おしっこをすると濡れる」と感じる機会を得ることができません。

少しもったいないことだと思いませんか?

そこから、おむつ外れがいつできるかは、その子の性格とママ次第

私も、次男ののんびりなおむつ外れを個性と思い、のんびり待つようにしています。

コストが安い

もらった布おむつを使っているわたしは、初期費用タダでした。

紙おむつ(新生児用1枚およそ10~18円)比較すると、どの程度安くなるのでしょうか。

3か月間、1日13回おむつ替えをした場合を例として、試算してみました。

≪布おむつ≫

布おむつ(輪)4000円(20枚)

オムツカバー 1000円/枚×6枚=6000円

合計 11,300円

プラス 洗濯用水・電気代など

≪紙おむつ≫

新生児オムツ(90枚)1000円 1000/90=11.1円/枚

11.1円×13回/日×90日(3か月)=合計 12,987円

若干布おむつのほうが、安くなります。

ただ、布おむつのほうはこれに水道電気の料金がかかってきますので、3か月という短期間では、あまり違いはないでしょう。

しかし、4か月、5か月と赤ちゃんの成長と共に続けていくと、大きくコスト効果が出てきます。

紙おむつは毎回買わなければなりませんが、布おむつはその必要はありません。

サイズアウトしたらおむつカバーを数枚買う程度でよいので、とっても経済的ですね。

サイズ調節のできるおむつカバーを初めから買っておけば、買い替えも必要なし!

布おむつを使って、うーんと思ったこと

布おむつの洗濯に時間がかかる

布おむつの洗濯は大変というママもいると思います!

確かに、一口に洗濯と言っても、手洗い、干す、畳むと作業があります。

私自身もっとも負担に思ったのは、畳む作業でした。

ドビー織のおしめを使用していたので、一枚一枚手で畳む必要がありました。

毎日10数枚を畳むのは結構時間がかかるよ!

今は成形型の布おむつもあり、そちらは畳む手間なし

なので、次に買い足すときはそちらも検討したいです。

タイプ別の布おむつライフを紹介します

「布おむつ使っています」と言っても、使うときや頻度は人それぞれ。

よくある布おむつと紙おむつの併用パターンを紹介します。

毎日毎晩布おむつ

常に布おむつ使用!

慣れるまで大変ですが、かなりのコスト効果が期待できます!

特に、新生児の時は、ウンチの頻度が多い!

紙おむつでも、頻繁におむつ替えが必要です。

その新生児期に布おむつを使っていると、すごく節約できます。

紙おむつとの併用しても、紙おむつをあまり買わなくて良いので、とてもおすすめです!

おでかけのとき紙おむつ併用

おでかけするときは、布おむつを頻繁に交換するのは手間がかかるし、おむつ替えの場所を探すのが大変な場合も。

そんな時は、紙おむつを使えば、外出先でも安心できますね。

外では紙おむつ、家では布おむつ」と赤ちゃんもメリハリを感じられますね。

夜だけ紙おむつ併用

夜間授乳に加えて布おむつを交換するのは、睡眠不足のママにとっては重労働。

紙おむつにすれば、赤ちゃんを起こすことなくぐっすり眠ってもらえるというメリットもあります。

また、夜間布おむつを使う場合は、漏れないように長くても3時間に一度は布おむつが濡れていないかどうか確かめたほうが良いです。

布団まで濡らしてしまっては、翌朝の洗濯が大変になってしまいます!

タイプ別リスト

  メリット
毎日毎晩布おむつ コストパフォーマンス最高
おでかけのとき紙おむつ併用 おでかけを楽しめる
夜だけ紙おむつ併用 ママも赤ちゃんもゆっくり休むことができる

わたしは、夜は毎晩紙おむつ、おでかけは短時間や近場(ちょっとした買い物、支援センターや公園)は布おむつ、遠方は紙おむつと、切り替えて使っています!

どうしても、睡魔には負けてしまう…

布おむつはこんなママにおすすめ

赤ちゃんとのコミュニケーションをはかりたいママ

紙おむつだと、おむつ替えをついつい後回しにしてしまいがち…

でも、おむつを替えてあげて赤ちゃんが気持ちよさそうにしている姿が見られるのは、ほんのわずかな期間です。

何度も何度もおむつ交換するのは大変かもしれませんが、話しかけながらのおむつ替えは大切なスキンシップになりますよ。

赤ちゃんを自然なものに触れさせてあげたいと思うママ

紙おむつは本当に便利ですが、中に入っているのは吸水性ポリマーという一種の化学品です。

一方布おむつは、綿100%。

赤ちゃんには、あまり化学的なものではなく、自然なものに触れさせてあげたいと思うママにピッタリです。

今しかできないことにトライしてみたいママ

布おむつができるのは、ほんの赤ちゃんの時!

立って歩くようになると、パンツタイプの紙おむつのほうが便利なのでそちらを使うこともあります。

また、2歳くらいになってくると、おしっこの量が多くなり、紙おむつをたよることも。

なので、可愛い布おむつのカバーを付けてあげられるのは、赤ちゃんの時の期間限定。

後から、やっておけばよかったなぁと思うよりも、少量買ってみて試してみる価値ありますよ!

もちろん、わたしのようなお金をかけたくないママにもおすすめ!!

布おむつを使って、赤ちゃんとの触れ合いを深めてみませんか

布おむつから紙おむつにするのはいつでもできます。

もし、少しでも興味があれば、布おむつを少量もしくは中古品を購入して試してみてはどうでしょうか?

メルカリなどでは、新品で買うよりもお安く、未使用中古品が出回っています。

未使用だったら中古品でも試しやすいので、探してみるのが良いですね!

でもやっぱり1枚カバーくらいは新品でほしいなという方には、楽天で検索すると、可愛いカバーを扱うショップがたくさんあるので、よかったら見てみてくださいね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ABOUT ME
まきもあ
まきもあ
英語とお金を愛する3児ママ(育休中)。オンライン英会話の受講を随時検討中。実はTOEIC900超、小学校英語指導者資格あり。DWEやってます。